一夜限りのアバンチュールや不倫、セフレ、近親相姦、中出し、SM、露出、寝取り等々...みんなのエッチ体験告白サイト!
ユーザー登録 | ログイン | 検索
 ユニークユーザー
本日 
昨日 

検索結果 泥酔

ユーザー名:

パスワード:

ログイン情報を保持:
昔、屋台村みたいな鉄板焼き屋や洋風居酒屋の集合したお店が、アパートの目の前にあったので仕事帰りに週2くらいそこで飲んでた。
ある夜、いつものようにそこに行くと初めて見る子が2人飲んでた。
1つ席を空けて座って飲み物を注文すると、25歳と20歳の看護婦さんで時々飲みに来てくれるとマスターが紹介してくれた。
疲れてたので、こんばんはと愛想笑顔で挨拶だけしてすませて軽く食べたら帰ろうと思っていたら、20歳の子が隣の空けた席に移動してきて
「裕子(仮名)です、おにいさんかっこいいね、うちら夜勤明けで明日も休みじゃけぇ飲みに来たんよ」
と声をかけてきた。
疲れて声をかけられたくなかったし、面白いことも思い浮かばなかったので
「裕子ちゃんもかわいいね」
とだけ応えて出された飲み物に口をつけて目線を切った。
けれど、何を話したかあまり覚えてないけど、彼女いるんですか?とか延々と話しか
» 続きを読む
14
いいね!
地方都市のターミナル。
飲み会も終わって最終電車で帰ろうかってときに、酔っ払いさんとぶつかった。
もともと身長高くない自分だけど150cmくらいの女性で、自分よりさらに一回り小さかった。
向こうも酔っ払っていたようで、ふらふらで大丈夫?と声かけたら、電話をしていたみたいでなぜか手を握られて電話が終わるまで立ち尽くし。

電話が終わって
「あれ…?」
「ん?大丈夫?」
「あ…」
とわけのわからないまま見つめあい。
「大丈夫?電車は?」
「あ、気にしないで!」
「貴女は?」
「ん…●●線…」
「それもうないですよ…」
しばし沈黙。
困っておれから
「ん~んじゃ一緒に飲み行く?」
「あ!水のみたい!」
となって、水を渡したら今度は「寒い!」とか言い出した。
結局この後居酒屋へ。

二人でふらふらしながら朝までやってる安居酒屋へ。
ここで小一時間話を
» 続きを読む
54
いいね!
友達と友達の彼女と俺の3人で飲もうって話になってたんだけど、友達の仕事が終わらなくて先に飲んでた。
17時の開店と同時に入り、友達が2時間以上かかるとのことで友達の彼女と2人で安い居酒屋の飲み放題で飲みまくり。
結局、2時間たっても友達の仕事は終わらず、
友達「今日はお流れという事で、ホントゴメン」と。
「どーするよ?」と、俺も友達の彼女も朝まで飲む気マンマンだったので
「2人でもうちょっと飲もうか?」って話になって、次の店へ。

2件目はちょっとおしゃれな感じのバーへ。
「いつもS(友達)とこういうとこ来るの?」と聞くと
「いや、一回も来た事無いから、ドキドキする」とM(友達の彼女)は言う。
このとき、「酔わしてみようかな?」と悪戯心が・・・
Mは付き合いがよく、こっちがドリンクの注文をすると、あわててメニューを見て、でも、すぐ決まらないので「じゃあ、一緒のもうひ
» 続きを読む
11
いいね!
先週末、バーで隣にいた女が話し掛けてきた。
俺は先輩と一緒だったので、つれない返事をし、その後店を出て解散になった。
もしかしてと思って店の前に戻ると、女が出てくるところだった。
その後もう一件行くことになった。
その時点で女はかなり酔った状態。

飲みながら適当に話を聞いてあげ、女が少し眠くなったと言うので、出ようか?と言って店を出た。
自分の家は近いが、見ず知らずの女を連れ込むのはリスクが大きすぎる。
しかし、週末のラブホテルは高い。
考えながら歩いていると目に映ったのが、新しくできたネットカフェだった。

女は既に起きてるのか寝てるのかわからない状態。
ペアシートに入ると女はすぐに横になってしまった。
女は自分のほうに脚を向けて横になったので、ミニスカのワンピースから生足があらわになっていた。
そこで自分はスカートをめくってみた。
女の反応は無い。

» 続きを読む
私子:22歳・専門学生・婚約した彼男(28歳)と同棲
A男:21歳・専門学生・元バイトの先輩
   彼男と仲良く、バイト、彼男きっかけでよく遊ぶ
   童貞


ちょうど一ヶ月前、高校時代の親友(男)と久しぶりに飲んだ。
向こうは元カノとヨリを戻し、こっちは婚約し、と、お互いのお祝いって感じで地元の居酒屋で飲みまくった。
とにかくテンション高くハイペースで飲んで、店を出るころには二人ともフラフラだった。
向こうは彼女が迎えに来ているらしく、私も終電が近かったのでそのまままた飲もうねーなんて軽い挨拶で別れた。

地元から彼男と同棲しているマンションまでは電車で1時間くらいかかり、べろべろに酔っ払った私は電車内で気持ち悪くなってしまった。
酔っ払いに電車のあの揺れは危険であるwwwwww
吐き気を何度か催したんだけど、酔っ払いすぎて途中の駅で降りて吐く、っていう選択
» 続きを読む
思い出したので昔話を1つ。

冬から春に変わる季節の変わり目の週末に職場の飲み会があったんだが、一次会は所属先の面子で行われ、二次会からは親しいもの同士に分かれて行ったんだよ。
俺は二次会まで参加してそこでお暇させてもらったんだが、二次会の会場の近場の駅から乗って電車で帰るよりもその駅のバスターミナルから出てるバスで帰ったほうが安上がりなのでバスで帰ることにした。

地下街通って目当てのバス停にまで行くとちょうどバスが来てるところ。
急いで乗り込むと車内が結構酒臭い。
週末だからか真っ赤な顔した連中が乗ってて結構混んでたんだが2人掛けの椅子が1つ空いてたからそこに座らせてもらう。
既にその座席に座ってた女が完全に酔いつぶれて窓のほうに寄りかかってる。
顔はよく見えないが結構若めで小柄。
今日、購入したであろう服とか入った袋を自分の膝に乗せて完全につぶれてる。
しばら
» 続きを読む
昔のはなし、デパ勤務の俺は売り場のみんなと飲み会。
男は俺とバイトの男2人の計3人、後7人が女性の10人で飲んでた。
夜中の2時まで飲んで、今では考えられないが、一人の女性を車で送った。
肉付きのいい巨乳の女性で、助手席でウトウトし始めた。
俺は、国道沿いの車が何台か停まれるスペースに停め、女性の服のボタンを外し脱がせたが起きることなく、俺は助手席へと移動。
顔を近づけ唇を重ね舌を入れると少しビックリしたみたいだが、舌を絡めてきた。

スカートを捲り下着を脱がせマムコをしゃぶると溢れ出るマン汁。
狭い助手席で中腰になりながらズボンと下着を脱ぎ、女の上に重なり片足を肩に乗せ硬くなったチムポを濡れたマムコヘ。
絞まりのいいマムコにチムポが押し返される抵抗を受けながらも、強引に押し込むと声をあげる女。
膣奥へと押し込むと子宮口に当たるチムポ、子宮口に当たると
「ウッ!」
» 続きを読む
会社の同期4人(男2、女2)で土曜の夕方から、俺のマンションで飲んだ。

メンバーのA美は、フジTVの長野翼アナに雰囲気の似た清楚な子で、俺は密かに狙っていた。
しかし、彼女はやがて先輩社員と付き合い始める。
二人の親密ぶりを見聞きするたびに、俺は打ちのめされていた。

同期入社の気安さから、各自ラフな格好に着替えてくつろいでいる。
A美は、襟ぐりの広いゆったりしたTシャツに短パンというスタイル。
前かがみになるたびに胸の谷間がチラチラ見えて、彼女のいない俺には目の保養であり、目の毒でもあった。
俺とA美以外の2人は、まるでカップルのようにじゃれ合っている。
「あんな風に馴れ馴れしく、A美のカラダに触れることができたら・・・」と羨ましく思った。

用意していたビールとワインが残り少なくなり、買いに出るのも面倒なので俺がいつも飲んでいるウォッカやジンを飲むことにした
» 続きを読む