一夜限りのアバンチュールや不倫、セフレ、近親相姦、中出し、SM、露出、寝取り等々...みんなのエッチ体験告白サイト!
ユーザー登録 | ログイン | 検索
 ユニークユーザー
本日 
昨日 

みんなのエッチ体験談 » アブノーマル

表示順 新着投稿
ユーザー名:

パスワード:

ログイン情報を保持:
身近な人には話せない、でも誰かに聞いて欲しい・・・そんな秘密のエッチ体験談をあなたも投稿してみませんか!!
  • みんなのエッチ体験談の投稿はこちらから、サイトの機能説明はこちらからご覧いただけます。
  • 体験談に表記されている 『投稿者名』 をクリックすると、その投稿者が今までに投稿した全ての体験談をまとめて閲覧できます。
  • ユーザー登録&ログインせずに投稿された体験談の投稿者名は 『匿名』 と表記されます。
  • 新着エッチ体験談
     
    人気エッチ体験談
    21
    いいね!
    友人Tが狙ってる子Mがいる中、カラオケ屋で3×3の飲み会が開催。
    引き立て役に徹していたけど友人Tが狙ってた子Mが酔い始め俺になついてきた。
    友人Tはピリピリモードだったが他の女達は酔いがまわり高テンションに。

    んで女から王様ゲームのリクエストがかかりスタート。
    初代王様は女S。いきなり「1と2(番号は忘れた)がベロ絡め」とか深めの命令。
    もう一人の友人Kと女Aがベロベロのキス。
    友人Kはおとなしいタイプなんで完全受け身だった。

    一通りキスしまくってそして次の王様が俺。
    その頃は誰が何番引いたか完全に見える状態で「王様が2の乳を揉む」とか言って巨乳Aの乳揉みを敢行。
    次あたりフェラさせたりしよっかなーとか考えてた矢先。
    機が熟さないのに王様返り咲きSの「1と2がセックス」発言。
    俺とMなんだけど。
    Tの目が泳いでる。
    Mは「★くんだったらいっかー」とか言
    » 続きを読む
    入社して1カ月が経ち、この会社恒例の新人研修会であった出来事です。

    俺は中途採用で今の会社に就職しました。
    俺と同じように、あと2人中途採用で入社しました。
    そして研修会には俺を含めた、この新入社員3人と、俺達の部署の女マネージャーで行きました。

    俺(仮名=友田)は当時22才、
    そして他の新入社員は、1人は24才で話しても暗くて、見た目はオタクっぽい奴(仮名=松村サン)でどう見てもモテなさそうな奴でした。
    しかも性格も暗くて、友達にはなれそうにない奴です。
    そしてもう1人は22才で女(仮名=森口)でした。
    森口は真面目そうで、服装も髪型も今風ではなく可愛くなかった。
    スタイルも少しポチャで眼鏡をかけていました。
    そしてマネージャー(仮名=相澤)は30才で、芸能人に例えると、相澤仁美をもう少し大人っぽくしたような感じで、スタイルもよく、結構綺麗な人です。
    マネ
    » 続きを読む
    社員旅行で山形のとある温泉へ行ったときのことです。
    うちの支店、なぜか男性6名、女性15名という大変アンバランスな比率で、中には40超えたおばさんもいますが、全員独身です。
    午後3時くらいにホテルへチェックイン、早速ほとんどの人が温泉へ向かいました。
    そして夕食までは特に何事もなく、会社の延長のような雰囲気のまま過ごし、夕食後は各々自由に過ごそうという流れになっていました。
    そこで、普段から仲のいい男2女3で飲み始めることになったのです。
    その中での会話はほとんどが会社や取引先の愚痴で、途中熱く語る場面もありましたが、オチは笑い話になるのがほとんどで、結構盛り上がっていました。

    気がつくと午前2時を回っていて、みんなだんだん疲れてきて、あらかじめひいてあった布団に横になりながら話していました。
    私の右隣には巨乳A子、左隣には美人のB子が寝そべっていました。
    そのとき俺
    » 続きを読む
    3
    いいね!

    レズプレイがしてみたい。

    投稿者 匿名    投稿日 1829 日前
    正直言って戸惑った。
    レズプレイがしてみたい。
    5年前、当時セフレだったレイコに、突然いわれた時は正直言って戸惑った。
    相手も決めていると言う。同じ会社の別のセクションに勤務している契約社員:ミズホだ。二人は友人を介して、最近仲がいいらしい。
    今回はその時の実話をお届けします。

    レイコは身長160cm少々。
    「小谷実可子」似の34歳(当時)。独身。
    マスコミ等では、「S女子大」という表記で名前を隠す事で有名な女子大学出身で、いかにも育ちが良い風な一見をもちつつ、男性に対してもモノオジしない雰囲気があった。
    彼女のセクションへ業務で行き来しているうちに知合い、5回の食事後に付合うようになった。
    今では、月に1回程度のSEXを楽しんでいる。

    ミズホは身長155cm。
    「さとう珠緒」似の、いかにも幼稚舎からK大出身というのもうなずける、いまだに女子っ気満載な28歳
    » 続きを読む
    この話は俺が18歳で新入社員の時の歓迎会の話です。
    まずは登場人物紹介。

    『俺』→高卒で新入社員。

    『古瀬サン』→確か当時34歳でアネゴ肌のキャリアウーマン。
    仕事は出来るが、外見は下の上ぐらい。
    細身だけどお世辞でも綺麗とは言えない。
    独身で彼氏なしみたい。

    『高島サン』→たしか古瀬サンの1つ下で33歳。
    でも古瀬サンとは10年以上の付き合いで仲良し。
    スタイル普通。
    顔は古瀬サンと同様で決して美人とは言えない。
    当然独身。

    入社して3週間ぐらい経ち歓迎会をしてもらった。
    俺が配属になった部署に男の新入社員が配属になるのは6年振りみたいでした。
    しかも男の社員の人は全員30歳以上。

    一次会は居酒屋で15人ぐらい参加してくれて、二次会はカラオケ。
    さすがに年配の方は参加せず、俺を含めて6人だけでした。

    カラオケが終わる時にはもうす
    » 続きを読む
    自業自得な出来事をカキます。
    会って二度目の援交相手に騙し打ちにあいました。ムービーも撮られましたorz

    熊田曜子に似てると言われます。体型も。
    普段制服でもうすぐ夏休み。
    高一から援交はしてます。

    凄く待遇が良く、セレブな感じだったのでちょっと安心しちゃってて、二度目の時は指定された某高級ホテルの部屋を訪れました。
    裸になって、脚をM字に縛られ、オモチャだからと言われて後ろ手に手錠をされて、マッサージ機でくりを攻められました。
    もともとHは好きなので、特に抵抗はなかったのですが、何か錠剤を飲まされ、感じながらしばらくしたら、意識がもうろうとしてきました。

    「なんかヤバいよ~気持ち良すぎるぅ」と言いながら感じてたら、首輪みたいなのをはめられ、首の後ろの鎖と手錠ががちっとつながれ、手の自由が利かなくなり、
    「ちょっとこれは無理ぃ」と怪しいろれつで言いましたが、
    » 続きを読む
    昔、彼氏持ちのルミとデートして無理やりホテルに。
    って言っても、俺が降りたらすんなり着いてきた。
    中に入っても、何もしないの一点張り。
    とりあえず、せっかくだから風呂でも入ったら?とセッティング。
    まだ19で子供だったから信用してたのかな?すんなり入って行ったよ。
    もちろん、途中で乱入。嫌だと言ってたけど、体の隅々まで洗ってあげたよ。
    俺のチ○コを見せつけながらね。

    ベットに移って、本気のキスをしたよ。俺がどれだけルミを好きか囁きながら。
    風呂上がって、せっかく着た服また脱がしにかかって。
    「彼氏に言えない事したくないからやめて!」って言ってたな。
    でも、口だけで体の抵抗は大したことなかった。
    すんなり、マ○コもなめさせてもらったよ。グショグショだった。
    でも口では「もうやめて」ばかり叫んでたな。

    俺は興奮してとうとう我慢できなくて、チ○コをマ○コにこす
    » 続きを読む
    5
    いいね!

    便器の調教(続き)

    投稿者 鬼畜の硫 (#6)    投稿日 2064 日前
    前回見つけて飼い始めた牝豚便器の調教状況の続きです。

    先月の半ばに、身辺を整理させて自宅の近所に引っ越させました。それ以降、ほぼ毎晩仕事帰りに寄って2発ぐらい出して、帰るみたいな状態になっています。

    入居と同時に作らせた合鍵を持っているので事前に連絡すらしません。また、既に寝てても構わず入り、たたき起こしてチンポをくわえさせます。
    たいてい、まずは全身をくまなく舐めさせます。仕事帰りなので身体は汚れていますが、牝豚は構わず足のつま先に至るまで恍惚の顔で舐めてきます。特にケツ穴は念入りに。また、私自身乳首が感じるので牝豚には乳首もたっぷりと舐めさせ、吸わせます。
    時々、牝豚の乳首をひねり上げたり、血がにじむほど強く噛んでやる。せつなそうな声で鳴きながら身体をびくびく震わせて悦ぶ。股間はもう汁が溢れて糸を引いている状態です。ちなみに、ダンナと別れさせる前から「便器の証」として
    » 続きを読む